ホーム >> 採用情報 >> 国税審判官(特定任期付職員) >>国税不服審判所の職員(国税審判官)の募集について

国税不服審判所の職員(国税審判官)の募集について

国税不服審判所において、高度な専門的知識・経験等を有する税理士等の民間専門家の募集を下記のとおり行っています。詳細については、国税不服審判所のホームページ(http://www.kfs.go.jp)のトピックス「国税審判官(特定任期付職員)の募集について」をご覧ください。


職種  国税不服審判所長に対してされた審査請求に係る事件の調査、審理等を行う国税審判官
採用予定日  原則として平成30年7月10日から採用予定
任用期間  採用日から2年間又は3年間(更新の可能性あり。)
募集人員  15名程度
応募条件  税理士、弁護士、公認会計士、大学の教授又は准教授の職にあった経歴を有する者で、国税に関する学識経験を有すること。十分な民間実務経験や大学における教育・研究実績を有していること。
 職務内容を遂行するために必要とされる高度の専門的な知識・経験又は優れた識見を有すると認められること。
採用形態  常勤職員の国家公務員として採用
  • ※ 国家公務員法に基づく守秘義務(第100条)、兼業制限(第103・104条)及び再就職規制(第106条の2から第106条の4)等が適用されます。
給与  一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律に基づき支給(年収830万円程度から1,000万円程度を予定)
  • ※1 採用までに経験された業務内容や配属される勤務地、関係法令の改正等により変動する場合があります。
  • ※2 退職時には、国家公務員退職手当法に基づき、退職手当が支給されます。
勤務地  国税不服審判所各支部又は支所のいずれか(日本全国12支部及び7支所)
勤務時間  原則として、1日7時間45分です。
応募方法  国税不服審判所ホームページから所定の履歴書をダウンロードし、所要の事項を記入の上、下記宛先までご郵送ください。なお、資格証明書類(税理士の場合には、税理士証票)の写しも添付してください。
応募期限 平成29年11月17日(金)必着
書類の郵送先・
お問い合わせ先
 〒100−8978 東京都千代田区霞が関3−1−1
 国税不服審判所 管理室総務係  担当 徳永・山田
 TEL:03-3581-4101(代)(内線3923・3901)

【東京国税不服審判所からのお知らせ】(本説明会の参加募集は終了しました。)
国税審判官(特定任期付職員)の募集に関する説明会を開催します。
参加を希望される方は、次の連絡先に電話の上予約してください。

日時 平成29年10月26日(木)16時00分から17時00分
平成29年10月27日(金)18時30分から19時30分
場所 九段第2合同庁舎10階 東京国税不服審判所(千代田区九段南1−1−15)
最寄駅 九段下駅徒歩5分(東京メトロ東西線・東京メトロ半蔵門線・都営新宿線)
連絡先 東京国税不服審判所 管理課総務第1係 担当 河野・木下
TEL:03-3239-7181(代)(内線6012・6019)

トップに戻る