ホーム >> 利用案内 >> 国税不服審判所ホームページ ウェブアクセシビリティ方針

国税不服審判所ホームページ ウェブアクセシビリティ方針

平成28年3月31日

1 ウェブアクセシビリティについて

 「ウェブアクセシビリティ」とは、ホームページを利用している全ての人が、心身の条件や利用する環境に関係なく、ホームページで提供されている情報や機能に支障なくアクセスし、利用できることを意味します。
 平成22年8月にウェブアクセシビリティの日本工業規格JIS X 8341-3:2010(高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス−第3部:ウェブコンテンツ)が改正され、国及び地方公共団体等は、ホームページのJIS X 8341-3:2010への対応状況を把握した上で、目標とする「ウェブアクセシビリティ方針」を定め、達成に向けた取組を進めていくことが求められるようになりました。
 また、平成23年4月には総務省から国及び地方公共団体等のJIS X 8341-3:2010対応の指針となる「みんなの公共サイト運用モデル(2010年度改定版)」が発表され、国及び地方公共団体等が取り組むべき項目と対応期限が示されました。

2 国税不服審判所の取組等

 国税不服審判所では、JIS X 8341-3:2010及び「みんなの公共サイト運用モデル(付属資料1ウェブアクセシビリティ方針策定・公開の手順書)」に基づき、アクセシビリティの確保と向上に取り組むとともに、「ウェブアクセシビリティ方針」を定め、目標達成に向けた取組を行っています。
 なお、平成27年3月及び平成28年3月にJIS X 8341-3:2010での達成等級AAの適合性評価試験を主要ページに対して実施しており、その結果については以下のとおりです。

目標達成状況

ウェブアクセシビリティ試験結果(2016年3月)

ウェブアクセシビリティ試験結果(2015年3月)

3 今後の目標(ウェブアクセシビリティ方針)

(1) 目標とする達成等級

 国税不服審判所ホームページは、今後もJIS X 8341-3:2010での達成等級AA準拠(*)を目標として取り組みます。 また、PDF形式で提供しているページについても、今後作成するものについては、できるだけHTMLページを併せて提供することなどに努めます。

(2) 対象範囲

 国税不服審判所ホームページ(http://www.kfs.nta.go.jp/ ドメイン以下にあるページ)。
 ただし、以下については範囲外とします。

  • 公表裁決事例集で掲載している表
    (http://www.kfs.go.jp/service/ 以下のページ)

「ウェブアクセシビリティ方針」担当部署
〒100-8978 東京都千代田区霞が関3-1-1
国税不服審判所 管理室 管理第一係
電話番号:03-3581-4101(内線 3924)

トップに戻る