シンポジウム

「国税不服審判所設立50周年記念シンポジウム」の動画配信について

1 概要

 国税不服審判所は、令和2年5月1日に設立50周年を迎えました。
 50周年という大きな節目に当たり、国民の皆様に国税不服審判所や国税不服申立制度への理解を深めていただくことを目的として、一橋大学講堂でのシンポジウム開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、9月28日に無聴衆で開催し、その内容を動画にて配信することといたしました。
  なお、本シンポジウムは、日本弁護士連合会、日本税理士会連合会及び日本公認会計士協会のご後援、税務大学校の共催をいただき開催しました。

2 プログラム

  • (1) 開会挨拶(約3分)
    国税不服審判所次長 森山 茂樹
  • (2) 基調講演「国税不服審判所の使命と半世紀の歩み」(約33分)
    国税不服審判所長 東 亜由美
  • (3) 特別講演「デジタル社会−税から見える経済構造−」(約35分)
    吉野 直行氏(慶應義塾大学経済学部名誉教授、金融庁金融研究センター長、 政策研究大学院大学客員教授)
  • (4) パネルディスカッション「国税不服審判所のこれからの役割」(約80分)

    【コーディネーター】
    岩ア 政明氏(明治大学専門職大学院法務研究科教授)

    【パネリスト】

    • 藤谷 俊之氏(前国税不服審判所東京支部首席国税審判官)
    • 山本 洋一郎氏(日本弁護士連合会税制委員会副委員長)
    • 平井 貴昭氏(日本税理士会連合会常務理事・調査研究部長)
    • 佐藤 敏郎氏(日本公認会計士協会租税担当常務理事

    (司会:国税不服審判所管理室長 渡辺 隆)

3 掲載場所等

 動画は以下に掲載しています。(掲載期間:令和2年10月27日〜11月22日)

 ※ 税理士又は公認会計士の方はこちらをご覧ください。

https://ovp-player.smartstream.ne.jp/kfs/output/player/6d23b65448a843a9915dc393110e113b/index.html?mp=712b99a7392e44a1941c57124a4f8719&ts=1603755805

QRコード

4 留意事項

 上記2(2)基調講演において、昭和45年5月から令和元年度までの審査請求事件の発生件数の累計を268,548件とご説明していますが、令和2年10月27日付で、令和元年度の審査請求事件の発生件数の訂正を行ったため、累計件数については268,552件となりました。ここにお知らせするとともに、謹んでお詫び申し上げます。

トップに戻る